モノに関わるコストを広い視野で考えよう

モノを手に入れる時にコストがかかることは理解しやすいと思います。何かを買う時にはお金払いますからね。

さらに、持っている時にもコストがかかります。
車だと車検などの維持費。家だと減価償却費や補修費。日常品でも、それを置くための場所代(家賃の数%はそのモノのために使われている)。

さらに、手放す時にもコストがかかります。
毎週のゴミ取集だって税金という形でコストがかかってます。テレビなど廃棄する時はリサイクル料金。大型家具など自分で廃棄する時は回収料金。

安く買ったとしても、手放すまでのトータルコストで考えたら、けっこう高くついてたなんてことがあるかも。
モノを手に入れる(貰うも含む)前には、持っているときのことと、手放すときのことを考えるクセをつけよう。

今より賢い買い物ができるようになりますよ。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明


スポンサーリンク