浄水シャワーヘッドで髪と肌をいたわり整えよう

かたづけエンジニア 橋本英明です。

水って大事ですよね。
「当たり前でしょ、何言ってるの?」と思いましたか?

では、”浴室の水”についてはどれくらい気にかけているでしょうか。
浴室の水にも残留塩素が含まれています。

本記事では、そんな 残留塩素を除去する浄水シャワーヘッドを紹介します。

シャワーヘッド製品

使っているのは、東レのトレビーノ トレシャワーです。

こちらは、日本アトピー協会推薦商品であり、「AskDoctors医師の確認済み商品」マーク取り扱い商品となっています。

シャワーヘッドを使う利点

蛇口をひねって出たお水。塩素のにおいがしてそのまま飲むのは難しいですよね。ミネラルウォーターを買うか浄水器を設置すると思います。
我が家ではシャワーのお湯も塩素においがして、さらに鉄?銅?っぽい匂いもするんです。

そのお湯で髪を洗うと、少しぎしぎしした感じになります。そのお湯で体も洗っているので肌にも悪いのではと思うようになりました。

調べてみると、水道水に含まれる残留塩素は肌や髪にダメージを与えることがわかりました。

https://www.torayvino.com/product/shower/rs52/ より抜粋

トレシャワーを使うことで、髪や肌にダメージを与える残留塩素をしっかり除去できます

使い方

ホースの金具部分を回してシャワーヘッドを付け替えます。そのまま取り付けができると思いますが、合わない場合は付属のアダプタで対応できます。

とりつけるとこんな感じです。ヘッドの部分が少し大きいですが違和感はありません。また、カートリッジが入っている分、取り替え前より重さは感じましたが手が疲れるほどのものではないです。

手持ち部分の下側で、原水と浄水の何れかが選べます。掃除の時は原水を選ぶとカートリッジが長く使えて経済的です。

我が家では、掃除のときは「原水」を、シャワーを浴びるときとお湯張りのときは「浄水」を使っています。

使ってみてどうだった?

原水と浄水の違い

原水と浄水は明らかに違います。

  • 匂いがなくなりました。
  • 白く濁っていた水が無色になりました。
  • まろやかな水になりました。

この”まろやか”という状態が文章では伝えずらいのですが、例えばバスタブに張ったお湯(浄水)に浸かると、肌に触れる水の感触が違うんです。

浄水の方が肌にベターとひっつく感じ。肌の奥まで浸透して汚れをとってくれる感じがします。

専門家ではないので詳しくはわかりませんが、浄水して不純物がなくなったことがそう感じさせるのかもしれません。

身体への影響

髪も肌も徐々にですが変わりました。

  • 髪のぎしぎしがなくなりました。 
  • 風呂あがりの体の乾燥が和らぎました。
  • 顔の毛穴が少し目立たなくなりました。
  • 鼻の黒ずみが少し目立たなくなりました。

乾燥肌のため、冬は風呂上がりに体がかゆくなることが多かったのですが、今年はほとんどなかったです。顔も全体的に綺麗になったと思います。

カートリッジ交換

定期的にカートリッジを取り換える必要があります(作業自体は簡単です)。別売りのカートリッジはこちらです。1日80リットルの使用で5か月が交換目安となります。

新品と3ヶ月使用後で比較実験しました(新品と使用後で、それぞれ色が違うところはもともとこうなってます)。

3ヶ月も使うとこんなに黒くなりました。我が家の水が汚いだけでしょうか??
交換直前の浄水が汚れていることはなかったので、もうちょっと使えるのではと思いますが、いずれにしろ、定期的に交換しないといけないことがよくわかります。

カートリッジの使用開始日を貼るシールも同封されていますので、交換を忘れるリスクも低いと思います。

さいごに

浄水シャワーの紹介をしました。もちろん現在も現役で使っています。
使用済カートリッジを見ると、我が家のお湯には塩素含めいろいろ不純物が含まれていそう。一度原水と浄水の違いを体験してしまうと、もう浄水シャワーなしには生活できないといってもよい状態です。
価格も他と比べても割安で費用対効果の高い商品だと思います。

私が使っているのはRS52ですが、新しくRS53が発売されているようです。
今から始めるなら RS53 がいいですね。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明


スポンサーリンク