かたづけの”アト”を大切にしよう

◾私のやっている事業
”空間を整え、生活を整え、人生を充実感で埋め尽くす”を掲げ、
かたづけに悩む方へのアドバイスを行う「ととのえアドバイス」
自宅等の現場でお客様のかたづけをサポートする「ととのえサポート」
かたづけを学び楽しむための「ととのえイベント」
を提供するToToNo-i-Laboを運営。

オープンキャンペーン中
2018/2/28までに申し込むと、下記サービスが50%OFFでご利用いただけます。

→終了しました。
 対面deアドバイス
 かたづけ現場サポート

かたづけエンジニア 橋本英明(はっしー)です。

かたづけをしよう!、整理整頓しよう!と決めていざ取り組んでみると、どうしても目先の結果を追い求めがちになり、視野が狭くなってしまいがちです。

だからこそ、始める前にもう少し先の大事なことも知っておいてほしいんです。

ゴールは次のスタート地点

こちらの記事にも書いたけど、

”一度かたづけたら、今後一切かたづけなくていい、整理整頓しなくていい”
そんなことはまず起こりえない。

理想や大きな目標を持つことも大事だけど、それと同じくらい現状を見て、ちょっと頑張れば届きそうな目標を持つことも大事。

そうなると、目先の「届きそうな」結果(スッキリした部屋であったり、あなたの心の変化など)は、あくまでも通過点なんだよね。

まずは目先のゴールを目指すのはすごく大切。だけど、一度ゴールテープを切っちゃえば、そこは次のスタート地点に生まれ変わる。

だから、かたづけた!と思ったそのがすごく大事になる。

過去を踏まえて修正していく

目先の小さなゴールであっても、一度でも”自分でかたづけられた”という結果があれば、それが次へのたたき台になります。

そのたたき台は、他の人から見ればダサイかもしれない、不格好かもしれない、失笑を買うかもしれない。

でもたたき台があるからこそ、

もっと、ここをこうしてみよう
次は、あんなことをしてみよう

ということが出来るようになります。

俺にはこの方法が合うんだ(合わないんだ)
これくらいでも全然快適じゃないか

ということを知れるようになります。

だからこそ、これを活かすために修正・改善にこそ力を入れる。
修正・改善からが本番といってもいい。

良かった部分はどんどん取り入れ、あまりしっくりこない部分は良くなるように変えていく。

あなただけのかたづけの叩き台があるからこそ、分かることがいっぱい出てくる。
あなただけのかたづけの叩き台があるからこそ、修正の過程も楽しめる。

かたづけの過程で分かったこと、見つかったこと。辿ってきたがすごく大事。

さいごに

自分なりのかたづけ方、自分にあったかたづけ方、にこそ価値があります。
”正しい”コタエを求めすぎず、

かたづけた!と思ったその
かたづけの過程で辿ってきた

を大事にしていきましょう。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明

この記事が気に入ったら
FBページをいいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク