かたづけを三日坊主で終わらせない大切な3つのこと

かたづけエンジニア 橋本英明(はっしー)です。

コロナウイルス、収束する気配がないですね。
外出する機会もめっきり減って、家の中でどう過ごそうかと悩んでいるのではないでしょうか?

こんなときこそ、「時間があったらやろう」と思っていたことをする絶好の機会です!
かたづけをするならまさに今ですね!新年度への準備も兼ねてやってしまいましょう!
その他にも、普段できなかった勉強をしてもいいですね。

私は最近、英語に関する動画を見ました。 NewsPicksの”THE UPDATE”という番組で「日本の英語教育は間違っているのか?」がテーマです。その道の一流達が集まって議論しています。
古坂大魔王さんがMCで、場を和ませながら話が進んでいくので、楽しく学ぶことができます

この動画の中で、 「英語を続けるための大切なこと」が3つ紹介されています。

それらは、かたづけを続けるためにも大事なことだと感じたので、紹介したいと思います。

  • 一度かたづけても、気づくと元の状態に戻ってしまう。
  • 定期的にかたづけてスッキリとした状態を維持したいと思っているけどうまくいかない。
  • もっと楽しくかたづけがしたい。

と思っている方は参考にしてみてください。

下心

健全な下心。要するに「本当の、ほんとーーっっの、目標は何なの?」ってことです。嘘じゃない目標。

動画では、「TOEICで900点だー!」ではなくて、「いつもお店に来る外国の女の人が…」という例が紹介されています。確かに900点取ること自体にそれほど意味はなく、 「昇進したい」とか「気兼ねなく旅行したい」とか、 900点取った先の、どうしたいのか・どうなりたいのか、の方が重要ですよね。

かたづけも同じ。

「モノを減らす」「部屋をキレイにする」ためにかたづけをする人ほど続かないし、途中で嫌になってやめてしまう傾向が強い。

モノを減らした後にどうしたいの?どんな気持ちになりたいの?
何の取柄もない自分だけど、何か一つやりきりたいんです!
部屋をキレイにしたいのはどういった気持から?キレイにして何をしたいの?
お友達を呼んで、スッキリとしたキッチンで料理を振る舞いながら楽しい時を過ごしたいんです!

かたづけた先の、 嘘じゃない ほんとーーっっの、 どうしたいのか・どうなりたいのか、がはっきりわかっている人は、頑張らなくても続けていけます。だって、やりたいって気持ちが内から湧いてくるから

納得感

自分がやっていることに納得しているということ。動画では、英語の本を読んで3日目にもなると「本当にこれで英語力上がるのかな」と疑心暗鬼になる。で、別の本を試す。の繰り返しでは上達しないし続かないことが紹介されています。

「この本で勉強することで、どういう論理で自分の英語力が上がるのか」ということを心の底から納得して勉強することが大事。 「これでいいのだろうか」と悩みながら学習するのでは、なかなか思うように進みません。

かたづけも同じ。

憧れのプロがやっている方法を正確に真似てもうまくいくとは限らない。
「見えなくなるとどこに置いたか忘れる」そんなあなたなのに、棚に何でもかんでも収めたって使いずらいだけ。

実現の仕方は一つではないのだから、自分に合った方法を見つけることが大事。
そのためにも、見つけるときは”他人の正解”を追い求めるのではなく、”自分の最善”を追い求めましょう。

その時の自分の納得した方法で試してみて、しっくりこなければ次の納得した方法を試せばいい。という気持ちで取り組むと、頑張らなくても続けていけます。

成長実感

実力が伸びている感覚がわかること。わからないと途中でやめたくなってしまう。ドーパミンを出して、いい意味で中毒になる状態を作りたい。動画では、自分で中間指標(例えばSPM)をたてて、定期的にチェック・記録し、成長を見える化することが紹介されています。(SPM: Sentences Per Minutes.1分あたりに発する文章の量)

かたづけも同じ。

少しづつでも目標に近づいている実感が持てないと、「どうせやったって変わらないよ」と思ってしまいがちです。苦手意識がある人ならなおさらです。

  • かたづけている所を常に同じ位置・角度から写真に撮って、長期的な変化を確認できるようにする。
  • 手放すか迷っているアイテムの数を定期的に記録することで、その数がゼロに近づいていくことを実感できるようにする。

など自分で進捗がわかるように見える化してみましょう。 小さな「できた!」というご褒美の積み重ねが、大きな目標への到達につながります。

まとめ

  • 下心
  • 納得感
  • 成長実感

これら3つがそろったら、継続への道は開けるはずです。
まずは自分だけの下心を自分に尋ねてみてください。そして自分にあったやり方で、進捗を記録しながら、1日10分でもいいので取り組んでみてください。

それでも、

  • 納得できるやり方がイマイチわからない
  • 自分だけでは着実に前に進んでいる実感が得られない
  • 誰かの助けがないと挫折しそう

と思われるなら、一緒に解決していきましょう。部屋の状況やあなたの特徴、なりたい姿などを理解し、目標到達までの道のりをサポートします。ぜひ一度ご連絡ください。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明


スポンサーリンク