あなたはどの段階?かたづけられなくなるまでの気持ちの変化

◾私のやっている事業
”空間を整え、生活を整え、人生を充実感で埋め尽くす”を掲げ、
かたづけに悩む方へのアドバイスを行う「ととのえアドバイス」
自宅等の現場でお客様のかたづけをサポートする「ととのえサポート」
かたづけを学び楽しむための「ととのえイベント」
を提供するToToNo-i-Laboを運営。

オープンキャンペーン中
2018/2/28までに申し込むと、下記サービスが50%OFFでご利用いただけます。

→終了しました。
 対面deアドバイス
 かたづけ現場サポート

かたづけエンジニア 橋本英明(はっしー)です。

「かたづけられない」と悩んでいるのであれば、一方で「かたづけたい」とも思っているはずなんです。

現状、かたづいていないのであれば、「かたづけられない」悩みの方が大きいはず。でも最初は「かたづけたい」気持ちの方が大きかったはず。

どこで、「かたづけたい」は「かたづけられない」に変わったのでしょうか?

気持ちの移り変わりを見てみよう

最初は悩みも願望もない

新居へ引っ越した時を思い出してみてください。

新しい事務所へ異動した時を思い出してみてください。

「ダンボールや梱包材を処分しなきゃ」ぐらいで、”かたづけたい”とか”かたづけられない”という気持ちは沸いてなかったのではないでしょうか。

あなたの理想に近い状態にあるので、”かたづけたい”とか”かたづけられない”といった感情は存在してこないです。

徐々に出てくる”かたづけたい”

生活を続けていくと、家や事務所にあるものは使っては戻され、使っては戻され、を繰り返します。さらにそれ以外にも、新しいモノを買ってきたり、家にあるモノを捨てたりします。

人は完璧ではありませんから、使ったまま放置されたり、大量に買い込んだりすることもあります。

そうすると、”かたづけたい”という気持ちがニョキッと現れてきます

”まだ”とのたたかい

ただ、元々が片付いた状態だったので、すごく散らかっているとは感じにくいです。

人はラクをしたい生き物。「まだ大丈夫。今度やればいい」と考えて、後回しにしがちです。

これが何日も続くと、それに合わせて散らかり度合いも増していきます。そして、”まだ”の大軍が押し寄せていることに気づきます

ここで出てくる”かたづけられない”

”まだ”の大軍に気づいた時には、状況はだいぶ悪化しています。新しいモノも入ってきているので、ただ元の位置に戻すだけでは終わらないところも出てきます。

そうなると新たに現れてくるのが”かたづけられない”です。

それでも人はラクをしたい生き物、「しんどい。めんどくさい。今後まとめてやればいい」と考えて、後回しにします。

”まだ”から”もう無理”へ

後回しにしても、そこで生活することにかわりはないですよね。だから状況は悪くなる一方。

”かたづけられない”という気持ちがどんどん大きくなり、”かたづけたい”と思う気持ちは隅に追いやられてしまいます。

ここまできてしまうと、後回しではなく”もう無理”と諦めが出てきます。

いったん折れた心を元に戻すのは非常に大変です。自信もなくなっています。これが、「かたづけられない」と悩んでいる一方で「かたづけたい」とも思っているが、そこから抜け出せない状態につながります。

さいごに

かたづけられなくなっていく気持ちの変化について紹介しました。この他にも様々なケースはあると思いますが、ご紹介した流れは、あなたも一度は経験したことあるのではないでしょうか。

では、どこでこの流れを断ち切るべきなのでしょうか。後日その内容は書きたいと思います。

それまでに、ぜひご自身で考えてみてください。

経験したことがあるならそれを踏まえて、どうしておけばよかったか冷静に振り返ってみてください。答えはその中にあります。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明

この記事が気に入ったら
FBページをいいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク