”こうあるべき”より”じぶんがしたい”でかたづけていく

◾私のやっている事業
”空間を整え、生活を整え、人生を充実感で埋め尽くす”を掲げ、
かたづけに悩む方へのアドバイスを行う「ととのえアドバイス」
自宅等の現場でお客様のかたづけをサポートする「ととのえサポート」
かたづけを学び楽しむための「ととのえイベント」
を提供するToToNo-i-Laboを運営。

かたづけエンジニア 橋本英明(はっしー)です。

先日のブログ、読んでくれましたか?

この中で、最初に3つ例を挙げたのですが、そのうち下に書いた2つにはあまり触れませんでした。

床に何も置かない部屋にしたい

◯◯さんのような部屋にしたい

 

この例について、ここではさらに踏み込んでみます。

 

背景にあるものは何か?

例えば、「床に何も置かない部屋にしたい」というのは、どういった経緯からそう思うようになったのか?

小さな子供がいて、なんでも口に入れてしまうのを見たから。危険にさらしたくない。

こういったご自身の意志が入っているなら何も問題ないんです。

 

かたづけるなら床にモノを置くべきではないんでしょ!?

こういった常識(と思っていること)や義務感から出たものは注意が必要です。

 

意志がないと続かない

「こうあるべき」という思いから始まるかたづけは、高い理想に追いつくこと。

かたづけ始めると、そんな理想と現実との差をはっきりと体感する(見せつけられる)。

自分の意志が入っていないが故に、やる気もすぐに失って、気分がふさぎ込んでしまうのです。

 

成長を実感できれば続く

「したい」という思いから始まるかたづけは、「できた」の数を増やすこと。

かたづけ始めると、思い描いた様子と現実との差をはっきりと体感する(見せつけられる)。

でも、意志を持ってスタートすれば、スタート地点の自分と現在の自分とを比較することができる。

「ここはかたづいた、子供の安全スペースが増えた」

すると、ここまでの自分の成長が見えてきます。

 

仕事でも同じではないでしょうか?

「私はまだまだ到達できそうにない。そうならなくてはいけないのに…」

結果を出した同僚と自分を比較すると気が重くなる。

 

でも、

「これができるようになった。以前と同じ時間でできることも増えた。」

昔の自分と比較すると自分の成長を実感できます。それはあなたに自信と勇気を与えてくれるはずです。

 

”思い”を”想い”につなげていく

理想と自分自身を比べると、そこに追いついていない自分に苛立ちを覚えたり、気分が沈んだりすることが多いですが、

昔の自分と今の自分を比べると、成長と進歩を実感できます。理想に近づいていることを実感できます。

そこから充実感、自己肯定感、人生の喜びが生まれてきます。

 

「ここもかたづいた、あそこもかたづいた」

「できた」の積み重ねが、部屋もあなたも変えてくれます。

 

totonoe Quote「思い」が「重い」になるかたづけから、

「思い」が「想い」になるかたづけへ。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明

この記事が気に入ったら
FBページをいいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク