片づけのやる気を無くさせる〇〇という言葉

がんばれば私でもできそうだけど、できない。

そう思ったことは何度かあるのではないでしょうか。

「1か月で 10kg痩せるぞ」は無理な話ですが、「1か月で500g痩せて、20ヶ月で10kg痩せるぞ」は現実的に可能でしょう。でも、できない。もしくは成功してもすぐに元に戻ってしまう(リバウンド)。

「夜型の人が明日から朝型になる」は無理な話ですが、「昨日よりも1秒早く寝て起きる」は現実的に可能でしょう。でも、続かない。

片づけに苦手意識のある人は「1日で片づけ完了する」は無理な話ですが、「1日1個モノを見直す」は現実的に可能でしょう。でも、続かない。

挫折へと導く流れをつかむ

理由は何でしょうか?

「あきらめてしまうから」
「心が折れてしまうから」
などでしょう。

要するに、ある時

「ま、いっか!」

と思ってしまう。

ま、いっか。今日片づけなくても死ぬわけじゃないし。

ま、いっか。もう手放したいけど、メルカリとか出品めんどくさいし。

ま、いっか。1個くらい散らかっていても。後でやればいいし(実際は放置)。

ま、いっか。みんなもできてないみたいだし。

ま、いっか。 ま、いっか。 ま、いっか。。 ま、いっか。。 ま、いっか。。。 ま、いっか。。。

ま、いっか。。。。。。。。。

もう、いいか。

もう、いいや。

始まりは、最初の「ま、いっか。」

流れを逆にする

何がまずいのか?

片づいていないままの環境が続くこともですが、それよりも、

片づけようとしたあなたの心が沈んでしまうことです。

一度深くまで沈んでしまうと浮上するのは大きなエネルギーが必要です。
心でできないと思えば思うほど、実際にそうなる可能性が高くなる」から。

考えてみてください。

「どうせ俺なんて片づけられないヤツだ」
と思っている人は、
一所懸命片づけに取り組まないでしょう。

その結果、部屋は片づかず、
思った通りの片づけられない人間になってしまう。
(ちなみに、このことを自己実現的予言といいます。興味ある方は調べてみてください。)

では、どうすればいいのでしょうか?

心のベクトルを、思考のベクトルを逆方向にすればいい。
誰かに勘違いと思われようと気にしない。自分だけは自分のことを信じる。

考えてみてください。

「俺は片づけられるヤツだ」
と思っている人は、
一所懸命、当然のごとく片づけに前向きに取り組むでしょう。

その結果、部屋は片づかなくても、
「今回はたまたまこうなっただけ」と思い、引き続き片づけるでしょう。

そうすれば、少しずつ片づいた環境に変化していく。

どれだけの時間が必要かはわからない。でも、
思った通りの片づけられる人間になっていきます。

さいごに

いきなり
「片づいた環境を作り上げましょう」
と思っても難しいですね。

しかし、
自分の意識を
「俺は片づけられるヤツだ」
とポジティブ方向に向けることはすぐにできるでしょう。

そして、自分自身の目標を掲げ、
一歩一歩その実現にむかって歩いていく。

それが、あなたの幸せと成功(片づいた!!)につながります。
さらに、あなたの幸せと成功がまわりにも波及し、
より大きな幸せと成功につながっていきます。

俺は片づけられるヤツだ !勘違い上等!
こう信じて行動していきましょう。

”かたづけられるあなたに変わる”
かたづけエンジニア 橋本英明


スポンサーリンク